4匹のマイケル

あわあわの世界

あとがき:4匹のマイケルとあわあわの世界 完結

ฅ^•ω•^ฅ 『4匹のマイケルとあわあわの世界』終わりました。  前回長く休んだあたりからアクセス数を見るのをやめていたので、結局どれくらいの方が全部読んだ上で最終話にたどりついたのかは分かりませんが、いたと信じてこれを書い...
あわあわの世界

(148)いつかどこかのお茶会で。

***  大切ななにかを失うと、それを取り戻せと心が意識に働きかける。  だけど、もう取り戻せはしないんだと悟ったとき、心のひびは身体を伝って、意識を蝕んでいく。静かに喪われてゆく。  誰かを大事に思うネコは、誰かに大事...
あわあわの世界

(147)13:********

―*******  茶色いマイケルは、夜明け前の空がひそかに光を蓄えはじめたところを、ぼんやりと眺めていた。まばらに立った白樺の木が、地面にうっすらと縞模様の影を落としている。  どうして秘密基地にいるんだっけ。  そこ...
あわあわの世界

(146)12-4:つめたい声

***  白のユキヒョウの背にまたがって、茶色いマイケルは『鉢植えの大森林』の中を駆けていた。  暗闇の中、ふかふかの背に抱きついてじっと目を凝らしていると、ぼんやり森の様子が浮かびあがって見える。顔にかかる白い息が、ここは故...
あわあわの世界

(145)12-3:不安の欠片

***  どうして自分だけが残っているのか。  その理由を求めるように、茶色は書斎にひろがる星々の間に視線を彷徨わせていた。すり寄ったマークィーが、1匹になってしまった子ネコの匂いを不思議そうに嗅いでいる。答えを知っていそうな...
あわあわの世界

(144)12-2:別れのしっぽクロス

***  ボクは世界に滅びを仕掛けた。  責められる覚悟はしていたけれど、こうして面と向かって言われるとつらいものがある。そう、この子ネコたちにとってボクは、彼らを追い立てるようにここまで導いた、とても悪いネコなんだ。 ...
あわあわの世界

(143)12-1:時別れの書斎

***  板チョコみたいな扉を開けて、ボクは茶色いマイケルたちを部屋に招き入れた。  『時別れの書斎』を見た彼らの目はキラキラしていたに違いない。だってここは星々の中にある部屋なんだから。  まず子ネコたちの目に飛び込ん...
あわあわの世界

(142)11-11:恩赦の光

***  聖秤フェリスががしゃりと揺れた。  左の皿で寝ていた白猫が頭をもたげて起き上がり、すっと背を伸ばす。茶色の頭を丸呑みできそうな大きなあくびをひとつして、右の皿に目をやった。  そこでは小さな猫が2匹、互いのしっ...
あわあわの世界

(141)11-10:それでもね

***  深く、雪の中に沈み込み、それからどれくらい経ったのかは分からない。  赤ちゃんネコみたいに丸めた身体は、上を向いたまま静かに凍っていった。  けれど、頭の中ではもう次のレースが始まっていたんだ。  まず、...
あわあわの世界

(140)11-9:雪の中へ

***  けぶる雪景色がぐらりと揺らぎ、茶色いマイケルは雪の上におしりをついた。  左手側、顔の近くなったキャティは、つかんでいた左足から手を離し、カリカリと傷口を爪で撫でながら言う。  一度逃げたヤツは何度も逃げるよ。...
タイトルとURLをコピーしました