2-15:相対する爪

ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

***

 茶色いマイケルは走り出していた。

 頭の中が整理できたのかといえばちっともそんなことはない。ただ、チルたちの顔が頭に浮かんだだけだった。

 子ネコらしく明るくて、ちょろちょろしてて、似た顔で 同じような動きをする5つ子ネコ。いつも「茶色いマイケルお兄ちゃん」と慕ってくれる、弟ネコみたいな、友だち。

 その匂いを吸い込んだとき、実感が湧いた。呆けるばかりだった茶色いマイケルに、血が通ったんだ。

 血が通って、そして滾った。

 地面に這いつくばり爪を立て、背中を怒らせて土を蹴り飛ばす。ピュゥッと風を切る音が耳をかすめ、それを置き去りにして駆けていく。

 急いではいなかったのだろう、その後ろ姿を捉えるのに時間はかからなかった。

 茶色いマイケルは後ろ足を引きずるように滑らせながらザザザッと円を描いて回り込み、湿った土煙を立てて真正面からその瞳を見据えた。

「ほう」

 フクロウじゃないよ。燃える炎の子ネコさ。

 威風堂々という言葉がよく似合う、ゆったりとした動きで、その目の前に躍り出た茶色いマイケルを見据える。通りすがりの風に揺れる長い毛は、強風をものともしない炎にしか見えなかった。

「なんだ、物言いたそうな顔をして。またワシが代弁してやろうか」

 右ヒゲを持ち上げゆがめた顔は、笑っているのに噛みつくようで、背筋に悪寒を走らせた。口元を絞る茶色いマイケル。

「やめさせにきたよ」

「笑わせに来たの間違いだろう。芸でもして見せるか? すまんがマタタビは用意していないからな」

「これ以上は進ませない。ここから先は秘密基地なんだ。秘密基地にはだれも入っちゃいけない」

「それはスノウ・ハットでの話だろう。ワシはよそから来たネコ。約束とやらを守らねばならぬ道理はない」

「あるさ。ううん、なくってもいい。ここは大事な友だちの、大切な場所なんだ。知ってて誰かを立ち入らせるもんか。それがボクたちスノウ・ハットの子ネコだ」

「ふん、くだらん」

 言葉が早いか、茶色いマイケルは吹き飛んだ。

 背中に枯れ草が当たる。何十もの砂利を投げつけられたようだった。木に打ち当てられて声にならない声が喉元からこぼれると、唾液か胃液か分からないものが、土の上にぴしゃっと撒かれた。

 突き飛ばされた……!

 遅れて胸の骨に、鈍い痛みが圧し掛かる。じわじわと締め付けられるように後から後から痛みが重くなっていく。

 なんとか地面に立つことはできたけど、背中を樹に支えられて ようようという感じだった。

 遠く、揺るぎのない歩みで迫りくる子ネコを見て、身が縮みあがりそうになる。でも噛み殺すっ。

 燃える炎の子ネコがかすかに目を見張った気がした。

「まだやられたりないようだな」

 ズンッ……

 奥歯の震えるような鈍い音。

 一息のうちに距離を詰められ、視界が炎でいっぱいになった。

 突き出された肉球が茶色いマイケルのお腹を圧しつけようとしたその瞬間――。

「んっ!」

 木に体を擦りながらもぐねりと腰をひねって肉球からお腹を逸らした。直後に空気が揺れる。肉球の直撃した木がプリンみたいにプルンプルン揺れたんだ。その振動が根っこを伝い 幹に及び、枝を伝い 葉を伝い 頬のヒゲを伝って 頭に響くっ。

 転がされた茶色いマイケルに息つく暇はない。トトン、と軽い音がしたと思ったら風が迫ってきた。

 すんでのところで爪を避けて、そのすれ違いざまに、

「ボクだってネコさっ」

 って苦し紛れに言うと、

「ならば圧倒してやるっ」

 笑うように激しい声が返ってきた。そして上下が逆さまに入れ替わる。

 空と地面が地面と空で……あれ?

 ひっくり返った茶色いマイケルは、床に落としちゃったレアチーズケーキみたいに首から地面にぐしゃりと潰れた。膝小僧がほっぺを強く打ち、口の中に鋭い痛みが広がる。口の中が切れちゃったみたい。血の味もする。

 目を回しながらも燃える色を探すと、ビュンビュンと風を切るようにしっぽを振り回す姿があった。

「そん……しっぽで!?」

 茶色いマイケルはさっき、空中に浮かんだ瞬間に足を払われたんだと気付いた。すぐに起き上がろうとして、ガハゴホと咳込んでしまう。

「これで分かっただろう。貧弱なお前ではワシを止めることはできぬ」

 鷹揚な歩みには傲慢さがありありと見て取れた。そして燃える炎の子ネコは言うんだ。

「ワシと比べてしまったのだろう? 身の程を知りもしないで」

コメント

タイトルとURLをコピーしました