ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

2-21:決意

***  どこから話そうか。  ホロウ・フクロウが出てきたところから?  迷子の子ネコを見つけた話かな?  茶色いマイケルは今日の出来事を思い浮かべながら家路を急いでいた。  氷の神殿で聞いた、ご先祖ネコ様た...
2021.02.24
ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

2-20:夕暮れ時、別れ

***  夕暮れ時。色づく大噴水。遠く伸びる鐘の音。迷子の子ネコセンターから離れていく親子ネコの影。  氷の大噴水広場には、名残惜しい景色がたくさんあった。  今年の雪の少なさに、誰もががっかりしていると思っていたけれど...
2021.02.24
ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

2-19:冒険の誘い

***  茶色いマイケルと灼熱のマイケルは、お互いの服や毛についた泥を払いあった。乾燥した土がぽろぽろと落ちていくのは見ていて気持ちがいい。  なんだかこういうのって、初めてだな。  最近は他の子ネコたちと遊ぶにしても、...
2021.02.24
ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

2-18:名前

*** 「ワシの……負けだ」  切れぎれの声は、さっきまでと違って芯のない、高いだけの声だった。  2匹はしばらくのあいだ、ぜぇぜぇと息を荒く、仰向けで寝転がっていた。冬枯れした木々は細く、うす空に走ったひび割れみたいで...
2021.02.24
ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

2-17:カウンターネコパンチ

***  鋭い爪が目の前をかすめる。  風が生まれ、吸い込まれそうになるのを堪えて後ろに跳んだけれど、燃える炎の子ネコはすぐさま追いついてくる。さらに加速したストレートネコパンチは、茶色いマイケルをわずかにそれて樹の腹をえぐっ...
2021.02.25
ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

2-16:醜悪と狂気

*** 「ワシと話し、ワシの闘う姿を見て、知識も知恵も実現力もない自分を、思い知ったのだろう?」  一歩進むたびに右に左に揺れる身体。凛と背筋を伸ばして歩いていたさっきまでとは、また別の種類の洗練された動き。  冬の寒い...
2021.02.24
ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

2-15:相対する爪

***  茶色いマイケルは走り出していた。  頭の中が整理できたのかといえばちっともそんなことはない。ただ、チルたちの顔が頭に浮かんだだけだった。  子ネコらしく明るくて、ちょろちょろしてて、似た顔で 同じような動きをす...
2021.02.24
ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

2-14:豹変

***  スンスン、スンスン。  おもむろに匂いを嗅ぎだした燃える炎の子ネコ。顔の向きを変え、角度を変え、臭いの濃い場所を探っているみたいだ。 「ふむ、まずは此奴だな」  つぶやきというには堂々とした声は、もはや宣...
2021.02.24
ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

2-13:消沈

*** 「さて、そろそろ行くか」  そうだね、と応える茶色いマイケルに、燃える炎の子ネコは手を差し出した。 「大丈夫」 「そうか」  茶色いマイケルは片ヒザを立てて、ゆっくりと立ち上がり、汚れた膝小僧を手で払...
2021.02.24
ホロウ・フクロウの大森林と灼熱のマイケル

2-12:無力感

***  ピュンッ、ピュ ピュ ピュンッ!  その樹はほとんど枝がなく、空に向かって真っすぐ伸びていた。  なのに燃える炎の子ネコは、まるで水滴がグラスの表面を伝うような滑らかさで地上まで降りてきたんだ。  ほとん...
2021.02.24
タイトルとURLをコピーしました